アサヒのグルコサミンが人気の理由|飲みやすさに注目

大豆にも含まれる成分

男性と女性

取りすぎは良くない

サポニンは高麗人参に多く含まれている成分ということでよく知られていますが、実は高麗人参に限らずほかの食材にもサポニンが含まれていたりするのです。特に含まれているといわれる食材は大豆製品でして、納豆や豆乳、豆腐などに入っているのです。中でも高野豆腐に多くのサポニンが含まれていることから、栄養価の高い食材といわれているのです。しかしいくら栄養価が高い成分とはいえ、たくさん取りすぎてしまいますと吐き気を引き起こしてしまう可能性もあるため、1日の摂取量の目安は100ミリグラムがちょうど良いといわれています。過剰に摂取すると体に負担をかけるため、豆腐や納豆など普段の食事の中に1品として用意する程度が程よい量となるかもしれません。

体を温める効果

サポニンを体に取り入れることで血行促進効果があり、体を温めてくれます。体を温めることによって体に良い影響を与えることができ、いろんな良い効果につなげていくことができます。たとえば冷え性を改善させることができたり基礎代謝を高めることができるようになったり免疫力向上効果につながることもあります。それだけ体を温めることはとても重要なことで、体を冷やしてしまうと病気にかかりやすい体質になることもあります。サポニンはそれだけ体を温める効果があるため、普段から摂取することにより体質改善に良い効果を発揮させてくれるのです。高麗人参だとなかなか手に入りにくい食材と思う人もいますが、大豆からサポニンを摂取できるのであれば普段の食生活の中に取り入れることは十分に可能となります。